読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵を描く練習を3ステップで習慣化します。

こんにちは。しゅんです。

 

今もほそぼそとデザインのお仕事を頂きながら、生活しているんですが、いつも仕事をしていてもどかしい事があります。

 

「圧倒的に絵が下手くそなこと」です。

どう頑張ってもうまく描けません!!

 

本当は、手書き感のあるあったかいロゴや名刺、WEBサイトを作ってみたい。自分が手で描いたものを「好き」と言ってくれる人が欲しい。

それに、絵が自由に描ける人はそれだけでカッコイイ。

と思っています。

 

 

一方、ぼくはといえば、

たまに飲みかけのペットボトルや、文房具、カメラロールに残ってるカフェの様子とかを見ながら真似して描いてみようとすると、ペン運びがザツで、しかも寸法も比率もでこぼこになってしまいます。

結局いらいらしてもっと描きたくなくなる始末。

 

そんなふうに、生きてきた中でいつの間にか苦手意識のあった「描く」ということに対してつい先日、しっかり向き合ってみようと思いました。

 

「一日一絵」を目標に、まずは描くことに慣れ、それからいろいろなぼくなりの表現ができるようになればいいなと思います。

 

描き続けるための3ステップ

苦手なイラスト、「描くこと」。これを続けていくには最初に描き続ける習慣と、目標を掲げないとだめかなと思います。

 

  1. 絵を描く道具を揃える
  2. 描く習慣を作る(「一日一絵」を継続するための生活スタイルを決める)
  3. 絵を描く動機(目的)を増やして、「描きたい!!」状況にする

 

以上3ステップを一つずつ作っていこうかなと思います。

 

1. 絵を描く道具を揃える

絵を描くための道具を揃えます。

 

ぼくは絵を溜めていくためにノートを一冊買いました。

アピカ株式会社さんが販売している「紳士なノート(A6・無地)」です。

もともと、B5のものをノートとして使っていて「書き心地」と「落ち着きのあるカバーデザイン」が魅力的だったので、こちらを選びました。

 

そしてペンは、ここ数年話題のパイロット消せるボールペン「フリクションボール」です。ボールペンなのに上部の消しゴムでこすると消せる。

けっこう使い勝手が良いので好きで使っています。

 

基本的に必要なものはこの2つ。

将来的には色ペンで色も付けていきたいのですが、そのへんはまたいずれ。

 

2. 描く習慣を作る

ぼくの苦手なことの一つ「続けること」。 

ここが何かを上達するためには欠かせない部分になります。

 

先日、これまた話題になりました、アンジェラダックワースさんの「やり抜く力 GRIT」を読んでみても、すごく自分に当てはまらないことばかりで日々意識していく必要を感じました。

 

毎日やることは、しっかりビチッと時間を決めたほうが続くかなと思いました。その間は他の要素を完全に除外して無心で取り組む。

ぼくの場合は寝る前。夜の23時から24時までの1時間に決めます。99%家にいて、パソコンの前にいる時間です。

 

3. 絵を描く動機(目的)を増やして、「描きたい」状況を作る。

絵を描く動機を増やす。ことが、継続して練習していくには最も必要になってきます。

現段階での大きな目的は「絵を描くことに対する抵抗をなくす」ことです。いろんな絵をぼくなりに、できるだけ自由に描いていきます。

上手い下手をあまり考えず量をこなしていければ、楽しさも描き味も後からついてくるだろうと。ふわっとしてますが、現段階ではこのくらいです。

 

もう一つ最近思うのは、「ぼくの絵を好きと言ってくれる人を増やしたい」ことです。

将来的にぼくの描く絵、デザインを好きになってくれる人が増えていけば素敵だなと思います。

Instagram@shunmatsuo_design)に毎日UPして、フォロワーさんを増やしていければと思っています。

すでに何日かUPしている中でも、あたたかい言葉をくれる人がたくさんいて嬉しい限りです。みなさん続けていきますので応援よろしくお願いします。

www.instagram.com

 

 

 

「一日一描」。

どんどん自分の描いたものが溜まっていくことが楽しみです。人のために絵を描ける人を目指して、練習していきます。

ブログにも週ごとでもまとめて載せていけたらと思います。

 

よろしくお願いします。

 

 

最後にこれまでに描いたものを少しだけ。。

 

sen. #design #デザイン #designer #デザイナー #freelance #フリーランス #nomad #nomad #drawing #お絵描き

shunmatsuoさん(@shunmatsuo_design)が投稿した写真 -

 

ぜひフォローよろしくお願いします。

何かリクエストあれば描きますよー^ ^

 

よろしくお願いします。

 

それでは〜。

 

ー マツオシュン ー

聞くことを怖れないこと。迷うまえに聞くこと。

 

タカさん(今デザインの仕事でお世話になってるフリーデザイナーの先輩)から繋げてもらった、飲食店メニューデザインの案件が自分が思っていたよりも難しく、なかなか終わらない。
ここ一週間、毎日カフェに篭ってあらゆる表現を試してはしっくりこず、試して提案してみては「うーん違うなー。もっとこんな感じ。」と言われ。クライアントさんのイメージとうまくハマらず、もっと前からやり直し。

 

そんなやり取りがずっと続いてる。

 

昨日、自分のイメージがカチッとはまるまでクライアントさんに質問を投げかけ続けた結果、やっとしっくり来る事例まで幾つか揃えて、あまり迷わずデザインできた。

 

タカさんの知り合いのデザイナーの方は、最初の打ち合わせで制作のイメージができるまで、クライアントさんの「こういう雰囲気で作って欲しい」とぼんやり頭にあるものを引き出し続けるとかいってた。そうやってクライアントさんのイメージをはっきり抑えていく。

 

今回のメニューデザインでの学びは大きくはそこかな。
クライアントさんの中にあるイメージと、自分の制作イメージを照らし合わせていく。
「あらゆる認識を合わせていく作業」を初めのうちは徹底的にやっていかないと、すごく時間を無駄にしてしまう。

 

聞くことを怖れないこと。

迷うまえに聞くこと。

 

マツオシュン

やるしかないことは分かっています。

 

やるしかないことは分かっています。

今の自分の状況は、すごく挑戦だし無謀と言われるかもしれない。
「まったくの未経験からデザイナーになる!」って決めたこと。

今進行中の、友だちの名刺デザイン以外は、まだお金すらもらえたことがない。

 

不安なことなんていっぱいある。

絵が上手に描けないこと。
自分の作ったものにセンスというものがあまり感じられないこと。
仕事上でどう人脈を築いていこうかってこと。
そもそも人と仲良くなるのに少し苦手意識があること。
本当に自分で食べていけるデザイナーになれるかどうかのこと。
どうすればデザイナーとして成長できるのかってこと。

挙げていけばキリがない。

 

そして毎日毎日不安になる度に、いろんなものに縋ってしまいそうになる。

有名なデザイナーさんの本をお金もないのに買って読んで、分かってもいないのに「ふんふん」とあたかも自分がどこかパワーアップできたかのような時間を過ごしてみたり。
人間関係が少しでもうまくいかなかったりするとわざとのように落ち込んでデザインに手が付かないふりをしてみたり。

 

けど本当は分かってる。
ああだこうだうじうじ言ってても、何一つも自分のためにはならないこと。
何に縋っても、その場しのぎでほとんど未来の自分には繋がらない。

 

こわいのは、
いつまでたっても理想の自分が遠くにいて、楽しそうに仕事してて、生き生きしてる姿。
ずっとそれを想い描いて、眺めているまま。
そのうち気づく。「あ!全然近づいてない!追いつけない!」
そして、追いつこうという勇気も湧かなくなっていく。

 

そんな未来は嫌です。そんな人生は嫌だ。

 

どうしても追いつきたい。
何年後になるか、わからないけど一歩ずつ、一歩ずつ。

 

やるしかないことなんて分かってるよ!!!
見てろ!

 

シュン

第2回 | WEB・デザイン業界の良記事まとめ12選

こんにちは。

しゅん(@shunmatsuo)です。

 

今日も一日中雨でした。郵送の用事があったので郵便局に行きたかったのですが断念しました。明日行きます。

 

どこかカフェで作業というわけにもいかなかったので、またまたいろんな記事を読んで過ごしていました。

その中でも、すごくいい記事がたくさんあったので紹介いたします。

続きを読む

第7回 | デザイントレース修行(Photoshop編)

 こんにちは。

しゅん(@shunmatsuo)です。

 

 

今回はですねー、、「Photoshop編」です。

既存のWEBサイトをそっくりにトレースします。

 

VENUS BEDのTOPページ

トレースさせてもらったのは、「VENUS BED」さん。

白を基調としたシンプルなデザインで、すごく綺麗です。

 

Photoshopでトレースさせてもらいました。

 

完成したのがこちら▼

f:id:sm0510sm:20160712184958p:plain

シャドウや光彩、マージンやフォントまで、全部まるごと写しました。

 

今回の気づき・学び

①WEBサイトのトレースで学べるもの

今回のトレースで、実はWEBサイト3つ目になります。これまで3つのサイトを中事実に写してきて感じるのは、トレースは学べることが多いということです。 

・表現の引き出しが増える

コンテンツの並び方やマージンのかけ方、色の使い方などなど。トレースで実際に測ってみたり、マージンを調整してみたりという作業を経ているので、ただ単にWEBサイトを眺めて参考にする時よりも遥かに身につく感覚があります。

制作の中で「こういった雰囲気にしたい」だとか、「この部分どういう見せ方が一番いいだろう」となった時に、すぐに引き出しから引っ張ってこれます。

PhotoshopIllustratorなどのツールに効率的に慣れれる

デザインツールに最も効率的に慣れていくには、トレースが一番早い手段だと思います。自分が「このデザインのこの表現どうやってやるんだろう」と感じるものを積極的に選んでいき、知っている方法で作ってみる。さらに新しい方法を駆使して作れた時には、「なるほど、こういう表現はこうして作れるわけね」と自分の中でこちらも引き出しが増えていきます。

何かをデザインする時、自分でも知らない内に「自分の知っている、そして可能な方法でできる範囲の表現」しかできません。インプットできていないものをアウトプットできるはずがありません。

なので、引き出しを増やしていく作業、新しい表現を知っていく作業としてトレースは相当重要だと思いました。

 

②写真の重要性

「VENUS BED」さんのサイトを作っていく時に、写真の大切さを感じれた気がします。このサイト、特にTOPの写真が綺麗で、一瞬で惹きこまれてしまいます。すごく生活に寄り添った写真たちなので安心感もあり、自然に下にスクロールしてしまいます。

 

 

まとめ

今回はPhotoshopでの、トレースでした。

Photoshop自体の操作に関しては、もとも触ってたこともありそんなに苦はなくできますが、やっぱり写真の加工や、合成などはまだまだほとんど触ったこともないのでそちらの方もチャレンジしていきたいなと思います。

トレースでいろんな表現に触れれるのが楽しくてしょうがないです。はやく自分のサイト作りたいー。

 

また明日も頑張ります。

 

第6回 | デザイントレース修行(illustrator編)

こんにちは。

しゅん(@shunmatsuo)です。

 

昨日のキャンプから、今日は夕方まで仲間とドライブをしていました。ひさしぶりに自然を満喫した2日間になってリフレッシュも完璧です。

パソコンをやっと触れたのが夜の19時。

 

今日もなんとかトレースすることができました。

時間が少なかったのもありちょっと軽めにいきます。

 

田脇水産という会社?のロゴ

今回トレースさせていただく「田脇水産」のロゴは、Pnterestで見つけました。

岡本一宣デザイン事務所さんのデザインです。

 

こちらのロゴになります▼
(via Tawaki Suisan | Okamoto Issen Graphic Design Co.,Ltd. )

f:id:sm0510sm:20160711011821j:plain

曲線を多く使ったロゴになっていて、少し慣れておこうと思い選びました。

今回はシンボルマークの部分のみ作らせていただきました。

 

そして、ぼくがトレースしたロゴがこちら▼

f:id:sm0510sm:20160711012156p:plain

どうでしょうか。

独自の曲線が多いマークなので、ほぼ全てのパーツを自分で少しずつ調整しながら徐々に似せていきました。

 

今回の気づき・学び

①ペンツール・パス・アンカーについて

ペンツールでほとんどの曲線を描いているのですが、このウネウネだったりくるくるといった表現をするのには、パスの位置とアンカーの調整が難しかったです。まだ全く触れなかったため、微調整にかなりの時間を取られました。

ですがこれに関しては、もう本当に「慣れ」だと思うので、手足のように扱えるまでパスでの表現に挑戦していきたいと思います。

②2分の1、4分の1を作って「リフレクト・回転」

線対称・点対称のオブジェクトを作っていくときは、極力作業量を減らすために2分の1、または4分の1の部分を作ってからコピー → リフレクト or 回転などを使うとあっさり完成します。(たぶん常識で、誰でも使ってると思いますが)

 

 

まとめ

今日は、ロゴのトレース。

曲線を多用してあるデザインを主にペンツールで表現しました。

ペンツールには無限の可能性があると思うので、もっと慣れていきたいです。

 

明日は少しきつめな内容にしようかなと考え中です。

Pinterestで探してみます。

 

 

それでは、おやすみなさい。

第5回 | 淡々トレース修行(illustrator編)

こんにちは。

しゅん(@shunmatsuo)です。

 

私事ですが、今日は午後2時くらいから、福岡の糸島の方で仲間とキャンプです。わーい。

久しぶりにみんなでワイワイやるので楽しみで仕方ありません。のんびりした時間を過ごしてきたいと思います〜。

 

 

ですがその前に今日も、トレースです。

午前中になんとか時間が取れたのでよかった。

 

 

本日のトレース対象はこちら。

 

「Loading Vector Icons」の1Pまるごと

www.dreamstale.com

このダウンロードサイトのチュートリアル的なとこに載っているコレです▼

f:id:sm0510sm:20160709123518p:plain

かわいらしいLoading Iconたちを真似させていただきました。

 

それがこちら

f:id:sm0510sm:20160709123626p:plain

 

今回はいろんなアイコンを作ることで幾つも学びがありました。

 

今回の気づき・学び

①「Loading」の表現方法

純粋に数々の表現方法があるんだなと感じた。

②いろんな技を応用して作れた

パスファインダー、オブジェクトのグループ化、パスのアウトライン、破線の設定。

これまで触ってきた中で、1つずつ使ってきた技を組み合わせていろんな表現ができたり、効率も上がることが分かった。

「この図を作るにはどうすればいいだろう」から、これとこれをこう組み合わせて...といった感じで少しずつ慣れてきた感じがします。一歩前進した気分です。

③「文字詰め」を意識できた

昨日、この記事で「文字詰め」の大切さが分かったのもあって、今回は少し意識して文字間を調整しました。

見え方としてベストかはわかりませんが、まんまの文字間よりも整ったのではないかなと思います。

 

 

まとめ

今回は前回のようなロゴだけではなくて、あるページ上のレイアウトも一緒にトレースしました。少しずつ作業のスピードも上がってきたので、トレースする規模も大きくしていきたいと思います。

そしてもっと高度な表現も出来るようになりたいし、いろんなデザインに触れて自分の中にもっとバリエーションを増やしていきたい。

あーそれにしても、楽しい。

 

また明日も頑張りやす。